web-web株式会社 【松阪市 ホームページ制作・作成】

〒515-0056 三重県松阪市平成町79-2 Tel:0598-25-0830

インターネット新時代

インターネット

激動の21世紀において、インターネットの世界は、様々な産業の中でも、最も移り変わりの早い世界と言われています。

商用インターネットの歴史はとても浅く、概ね1990年代後半に入ってからです。まだ、十数年しか経っていません。定額のブロードバンド接続サービスが低価格で提供され,爆発的に普及しはじめたのは2001年になってからで、その間にリッチメディアとしてFLASHやストリーミングの技術が開発されてはいるものの、まだまだ発展途上です。

このような状況の中で、今まさしくホームページの本質とは何かを問われる時代になってきています。ホームページが特殊なものではない時代がやってきているのです。

薄利で多売

ショッピングカート

商用ホームページの形態の一つとして、ネットショッピングがあります。皆さんも一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

インターネットで物品販売をしようとしたときに、どうすれば売れるのかを考え、実現したとしても、商品が、どこででも手に入るようなものの場合、一円でも安く、信頼性のあるショップから購入するのは、消費者の当然の行動でしょう。

そこでは、薄利で多売をしないとやっていけないのです。対面販売の場合、多少高くても・・・という意識が働きますが、ネットの場合はそれがありません。他店の情報がその場ですぐに手に入ります。

薄利で多売には手間もかかりますから、受注、入金、梱包、配送などにかかる手間を極力減らすにも、一定の物流が必要になってきます。とても片手間で利益が出るようなビジネスではないことを理解すべきです。


オリジナル商品

中古

オリジナルの商品や中古品など、他店には無い商品がある場合は、薄利にする必要はありませんから、ある種ネット向きであると言えます。

もっとも、このような商品で、かつ魅力のある商品を持っている場合は、ネットショッピングに手を出さなくても、実店舗で充分に利益が出ているかもしれません。

逆に言いますと、オリジナリティの低い商品の場合は、『薄利で多売』を目指す以外にネットショッピングには向かないのです。


アフィリエイトは時代遅れ

バナーを自サイトに表示させてクリック単価や成約報奨金を稼ぐアフィリエイトシステムは、Google社のアドセンスでさらにその市場を広げましたが、元来、中間業者の無いことがメリットであったBtoB市場に、新たな中間業者を創設してしまった形になってしまいました。

まさに、時代に逆行したシステムとなってしまったわけです。オバーチュア社やGoogle社が莫大な利益を得るこれらのシステムは、サイト運営者がサイトの宣伝広告のために莫大な広告料を支払う図式が構築されたことになりました。

また、SEOと呼ばれる検索上位表示のビジネスは、かなりの知識と経験を要するために、それなりの効果を得るためにはかなりの費用が必要になってきます。



Lastupdate: web-web株式会社 【松阪市 ホームページ制作・作成】 Now: